牧場のうさぎ飼育環境改善願いのその後

前回の記事で、2017年10月9日に行った大分県竹田市にあるガンジー牧場(ガンジーファーム)で、うさぎ小屋の不衛生な飼育環境を報告しました。先日、ガンジー牧場から連絡があり、飼育環境の改善報告がありました!以下、詳細です。

スポンサーリンク
rabbitnurse(large)

うさぎ飼育環境の改善報告内容

しばらく音沙汰がなかったので、このままおしまいになるのかな~とあきらめかけていた時、ガンジー牧場からメールが届きました。内容は次のようなものでした。

先日ご指摘いただきました、うさぎの飼育の件ですが、すべてではありませんが、改善した所の写真を添付いたします。
水を入れるボトルの交換、ゲージ内の清掃のところです。
あと、1つのゲージに複数のうさぎをまとめている所に関しては、別の場所に飼育スペースを設けるよう計画中です。

改善点は以下の2つでした。

  • 藻が発生して緑色になっていた給水ボトルをきれいにした
  • うさぎの排泄物がたまってハエが飛んでいたケージの清掃

うさぎケージ環境 改善前と改善後の写真

わかりやすくするために、改善前と改善後の写真を並べてみます。写真をもう少し大きくしてみたい場合は、クリックで大きく見ることができます。

改善前 改善後

過密飼育環境の改善予定

ガンジー牧場のうさぎ小屋を訪れた時、水や排泄物のほかに気になった、一つの空間にひしめき合うように詰め込まれた子うさぎ達でした。この点もメールにて環境改善のお願いをしていました。

送られてきた写真は依然とほぼ同じ環境でしたが、ケージではなく木の箱に変っていました。このうさぎ達に関してはガンジー牧場からのメールで別の場所に飼育スペースを設けるよう計画中とのことだったので、この状態は一時的なことだと理解しています。

早くのんびりと快適に過ごす環境が整うことを願うばかりです。思えばうさぎ小屋には、かなりの数のうさぎがいました。あの空間に一匹ずつ入ったケージを置いていくと、ケージが収まりきらないことは想像できます。それで別の場所での飼育になるということなのでしょう。

食事面で、さらなる改善を提案

今回、改善後ということで送っていただいた写真を見て、気になることがありました。おそらくこの記事を読みつつ写真を見てお気づきになる方は多いと思います。

そうなんです。牧草がないのです。

牧草はうさぎの主食なので、この点については黙っているわけにはいかず、さらに改善の提案をしました。

うさぎ小屋の近くにヤギやヒツジがいたのですが、そのエリアににんじんが売っていました。子どもたちは手ににんじんを持ち、思い思いに動物たちにあげていました。うさぎももちろん食べていました。

でも・・・なんとなく見た感じ、うさぎもにんじんに飽き飽きしているような?!にんじんを置くかわりに、牧草を置いたらどうかなと思いました。管理や掃除に手はかかるけれど、ケージ内には常に牧草を入れておいてもらいたいです。

牧場の一日の仕事は重労働だと思います。でも一日に2回、牧場の生き物に食事をあげると思うのです。そのときに牧草を総入れ替えしてもらうだけでいい。たくさんの牧草はコストがかかるのであれば、来場者へ寄付をお願いしてもいいと思うのです。寄付というのは、私の夫の意見でしたが。

うさぎでスティック数本100円というのをやめて、牧草代とすればどうでしょうかね。ま、それは牧場側で考えることでしょうから、そこまで口出しはしません。

食事事情も、大きな改善があることを願います。

牧場の中のカフェで出会ったうさぎ

今回は九重温泉旅行へ行ったときに、思い付きで訪れたガンジー牧場。牧場敷地内にあったカフェでは、看板うさぎさんが2匹いました。牧場のうさぎとは関係ないうさぎで、このお店の方が飼育しているようでした。

見つけた時に、ちょうどお昼時だったのでそのお店で昼食を食べました。お店の前に2つケージが並んでいて、普通のうさぎ好きの人が飼うような環境で暮らしていました。張り紙があって見てみると「おやつ代や医療費の募金」のお願いでした。一人100円。募金した人には特製の黒蜜きなこ団子をプレゼント。

お団子100円と考えても、そう悪くない。それにこのうさぎたちが具合の悪いときに病院へ行けるのならと、100円募金しました。お団子はその場で作ってくださったので、温かで美味しかったです。

お店、牧場に必要なうさぎなら、寄付を募ることもありだと思いました。

スポンサーリンク
rabbitnurse(large)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
rabbitnurse(large)

コメント

  1. シナモン より:

    年末にガンジーファームを訪れた者です。うさぎさん達の飼育環境がとても悪かったので心が痛み、何か情報がないかと探していたところこちらにたどり着きました。
    具体的には、糞が踏み固められてたまっている・牧草は与えられていない・水の量が少なく凍っている・防寒対策がボロボロのフリース一枚だけ!極寒の久住で大丈夫なのかと今でも心配でたまりません。飼育環境は10月に改善したとの事ですが、わずか2か月でこの有様…カフェのうさぎさんたちとは雲泥の差。どうしたらちゃんと飼育してくれるのでしょうか。(すみません、愚痴になってしまいました)

    • ayumi より:

      シナモンさん
      年末にガンジーファームを訪問されたとのこと!情報ありがとうございます。
      と同時に・・・とても残念でたまりません。改善したとのメールと写真が届いた時に、牧草についても言及したのですが・・・。水も凍っていて量も少ない、それに寒い中防寒対策がまともに取られていないのですね。
      うさぎを愛する者としては、本当に心が痛み、想像するだけで居ても立っても居られない気持ちになります。
      牧場側の事情を牧場側に立って察してみると、費用と人材の不足あたりでしょうか。それならそれで、うさぎを飼うのをやめたらいいと思うのですが。
      ツイッターとフェイスブックで呼び掛けてみようかと思います。どうなるかわかりませんが、何もしないよりはいいかもしれません。もしもそれで情報が集まる様ならば、その後再度ガンジー牧場にメールで、うさぎに対する関心度の高さを数字で示すと動いてくれるかもしれませんね。この件はまた、進展があればホームページ、SNSで報告します。ありがとうございました!

    • ayumi より:

      シナモンさん、再度お返事を書きました。
      その後、フェイスブックのうさぎ好きグループにこの一件につき、報告しご意見やお知恵を伺ったところ、保健所や場合によっては警察への通報という手段があると教えてもらいました。

      そこで昨日、保健所に電話しました。以下は、フェイスブックのうさぎグループのメンバーさんたちへの報告をコピーしたものです。保健所へ私から伝えた内容と、保健所が現地調査をした結果の報告内容です。

      ************************************************************

      昨日、私から管轄の保健所に連絡しました。私が一度牧場へ改善願いをした後、改善されたこと、その2か月後に訪れた人の情報によると、改善前とさほど環境が変わらず劣悪であった経緯も話しました。
      内容はまとめると次の通りです。

      1.2017年9月 小屋にハエ多数
      2.同月 排泄物堆積 改善願いをして一旦は綺麗になったが、2017年12月 再び排泄物堆積の目撃情報あり
      3.2017年9月 給水ボトルの水が緑色(不衛生)、改善願いをして一旦はきれいになったが、2017年12月 水が少なく凍っていたとの目撃情報あり
      4.2017年9月 一つのケージに5匹ぐらいが詰め込まれていたが、改善願いをして1ケージに1匹ずつになった
      5.2017年9月牧草が見当たらない 同年12月も同じ
      6.2019年12月 防寒にボロボロのフリース1枚のみ(寒い土地にも関わらず)

      対応してくださったのは獣医師でした。丁寧に話をきいてくださった後、現地を確認に行き、動物愛護法に基づき決められた規則から外れている部分については指導を行うという話をされました。

      今朝、現地確認の結果報告を受けました。

      1.排泄物の堆積は認められなかった(毎日ケージ内の掃除をしているとのこと)
      2.ペットボトルには水が十分入っていて、きれいだった
      3.ケージに入っているうさぎの数は改善後と変わらず、1ケージに1匹ずつの飼育だった
      4.牧草は与えているとのこと(*1)
      5.防寒対策は協議中(*2)
      6.うさぎとのふれあいスペースに糞が落ちていた点については、清掃を指導した(清掃記録を残すことも指導)

      以上の報告を受け、驚きました。どういうことでしょうか。
      いくつか質問をしてみました。

      *1牧草を与えているという点
      現地確認の際、牧草がやはりケージ内になかったらしいので、牧草を与えるか聞いたところ、牧場は与えているとのこと。牧草がどこにあるのか、保健所が聞いたところ、牧草は別の場所に保管していて、うさぎには与えているという返答。私が一日にどれぐらいの量を与えているか聞くと、それは未確認とのことでした。

      *2防寒対策について
      小屋の中にケージがあることで、雨風をしのげる環境にはあるが、冬は寒さが厳しい土地なのでそれ以外の対応策を保健所から牧場にたずねると、協議中とのこと。フリースを入れていたという目撃情報を伝えていたため、その話になったと思われますが、牧場に予算の関係上、動物用の洗濯施設がないために、今のところ対応がきちんととれていないらしく、協議中とのことでした。

      以上のような報告を受け、釈然としないのですが、これが現状のようです。
      保健所ができる指導には限界があり、動物保護法のもとに決められた規則を、動物取扱業者が逸脱している場合には指導するということなので、さすがに家うさぎのようにはいかないことは致し方ありませんね。悔しいけれど。

      もしも牧場側が保健所が来ることを知って(訪問時に連絡するのでしょうかね)、それで急いで水をきれいにしたりケージ内を清掃したのかもしれません。
      しかしそれはそれで、お客さんは見ているんだということは多少なりとも牧場には伝わったと思います。

      私のうさぎのブログでも、引き続き情報提供を求め、何かあればまた動いてみようかと思います。
      すっきりしない結末でしたが、スルーするよりも前進はあったと思います。

  2. シナモン より:

    ayumiさん、色々ありがとうございました。何度も何度も読み返しました。
    牧場側の言い分は腑に落ちない事ばかりで本当に悔しいです。
    でも、ここで悶々としていても何も始まらない!ayumiさんの行動力とうさぎ仲間の皆さんの情報、そして保健所の方の対応に、私にも何か出来る事があるよと教えていただいた気がしました。
    ayumiさんのおっしゃるように、大切な事は関わり続けていくこと。少しでもうさぎさんたちの環境が良くなるように願って…これからもよろしくお願いします。

    • ayumi より:

      シナモンさん
      お返事を読んでくださり、ありがとうございます。
      SNSを通じて呼びかけると、いろんなことを教えてもらえたり、勇気づけられることがわかりました。
      そして一人の行動は小さいけれど、その行動によって何かが変わっていくと信じています。小さな行動でも実行する人がたくさんになったら、大きな力になりますよね!
      うさぎさんたちのために、私たちができることをできる範囲でしていきたいですね。